Photo ニルソン家の猫達

猫嫌いだった私が不思議な事に今では猫が大好き人間になってしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

次女のカリン

クーと同じ2009年8月11日に我が家へやってきました。
生まれた日は不明で10週になってるけど、クーよりも小さいのにカリンが先に生まれたの??

この仔は、抱き上げた時に「ニャー」と鳴いたのです。
顔見たら神経質そうだし、一番手がかかりそう??って思ったんだけど、クロもサクラもあまり鳴かないし、ちょっと淋しい。沢山の中から難しい選択をしないといけません、一番最後に抱っこしたのがカリンでしたが決めました。
th_IMG_5571.jpg

th_IMG_6067.jpg

一番のオチビちゃんで一番の甘えん坊、よく「ニャー」と私の膝の上に乗ってきて足やお腹をフミフミしています(笑)
th_IMG_7028.jpg

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/13(火) 08:50:39|
  2. カリン♀
  3. | コメント:0

二男のクー

2009年8月10日にまたヒューマン.ソサエティーを訪れました。
猫があんなに苦手だったのに、脱走して行方をくらますクロとサクラだけではまだまだ淋しい(苦笑)
猫を飼う事も初心者なのにいきなり多頭飼い、自分でも「ようやるわ!」って思いながらも旦那を説得し実現しました。

8月11日の術後にお迎えに行きました。
th_IMG_5609.jpg

生年月日は不明で約8週間の頃の出会いです。
th_IMG_6175.jpg

黒い洋服着てるみたいで、ひょうきんな顔、白いひげ、ニックネームは「なまず(キャット.フィッシュ)」
th_IMG_6121.jpg

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/13(火) 08:37:00|
  2. クー♂
  3. | コメント:2

長女のサクラ

ブログ名の「あんなに猫が嫌いだったのに....」から「Photo ニルソン家の猫達」に変更しました。
ブログ名って悩みますよね..........取りあえず浮かんだので作ってみましたが、多分猫達の事を書くってよりも写真が主になるだろうと思うし。

今日は昨日のブログで紹介したクロと一緒に2009年6月17日、我が家にやってきた長女のサクラです。
生まれた日はクロもサクラも不明ですが、職員さんによるとクロは13週、サクラが10週間位だろうって事でした。

サクラは柵の中へ入る前に一番手前に居てフワフワなのが印象的でした、そして柵を上って一生懸命アピールしたかの様にも思えました。沢山居た中でこの仔って選ぶのは難しいです、皆連れて帰りたいと思いました、旦那は出向く前は一匹だけのつもりだったと思うんだけど結局二匹って事に。

ヒマラヤンのミックスかな?
th_IMG_0654.jpg

th_IMG_0588.jpg

手前の黒い影はクロ,ちょっと色っぽいサクラの顔
th_IMG_3072.jpg

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/13(火) 08:13:30|
  2. サクラ♀
  3. | コメント:0

長男のクロ

Kona:animal shelter

初めて訪れたヒューマン.ソサエティー。
私達家族+旦那の友達の子供1人で行きました!

猫が居る部屋に行って、大人の猫は一匹ずつケージに入ってて、子猫達はオスとメスに別れて策で仕切られた場所で過ごしていた。

旦那は一番大きめのクロが、きっと残りそうだから可哀想と一目で決めた様子、柵の中に入ると旦那の肩に乗ってきて、横に居た私の肩にも乗ってきた。

私の本心は大きいとちょっと怖そうなイメージあったので 小さな仔って思ってたんだけどオスは旦那が決定。

2009年6月16日の出来事でした、この日は決定だけで、翌日の朝から去勢手術とチップ埋め込みをした後の引き取りとなりました。

17日お迎えに行きました、ワクワクして。
今となってはまだまだ小さかったんだな~って思います。
th_IMG_9963.jpg

ボケてますが、まだあどけなさも残ってた時代、アッと言う間に成長するので懐かしい感じがします。
th_IMG_1437.jpg

かごの中で気持良さそうに寝てたのも懐かしい。
th_IMG_0676.jpg
そして長女の「サクラ」は明日に続く

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/12(月) 20:11:28|
  2. クロ♂
  3. | コメント:0

先代猫のミュー

今、私が猫を好きになり、猫の事初心者なのに、複数の猫を飼うきっかけを作ってくれたミュー。
いつの間にか我が家に居候して私の猫嫌いの克服に至らせてくれた先代のミューを一番最初にアップしようと思います

3月に亡くなってしまいましたが、思い出にブログでも記録として残しておきたいと思います。
写真は引っ張り出すとあるのですが、PCに残してるのをまず。

大きな猫だったけどとっても大人しくて優しい猫でした。
外の金魚を飼ってる容器の水を飲んだりもしてましたが、ある日、金魚が舌を餌と間違えたのか?突きに来てました。
仲良くチュッとしてるみたい(笑)
th_IMG_9288.jpg
この世界に居なくなってしまったけど、いつまでも私達家族の心の中に居ます。

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/10(土) 20:05:32|
  2. ミュー♂
  3. | コメント:0

初めに

初めまして!
まずはブログタイトルの「あんなに猫が嫌いだったのに」の説明をしようと思います。

ブログ紹介でもふれているのですが、私は子供の頃から猫が苦手でした、なぜかと言うと、飼ってたひよこを猫に食べられてしまった。

そんな事からか父は猫が嫌いだった様子。
猫を庭で見かけると追い払ってました。

大人になってから実家を離れて暮らしてた住まいで玄関のドアを開けていて目を放した隙に、台所へ野良猫が侵入して下処理途中だったエビを盗まれ、引っ越し先では仕事から帰ってドアを開けたらどこからか野良猫が家の中に侵入してて驚いた私は怖かったので追い払おうとしたら凄く威嚇され今にも飛びかかって来る様 な勢いを見て慌ててドアを閉めて、長時間外で過ごした事がありました。その後猫は二階の窓を少し開けてた所から逃げたんだと思います。

以後、国際結婚してハワイ島で暮らし始めて数年、後古いけど我が家を購入して家庭菜園をはじめました。

お隣に数匹猫を飼ってるお宅があって、我が家が通り道でもあり、縄張りだったのでしょうね、菜園に糞をよくされて腹が立ってたので猫を見かけると外へ出て行って猫には当てないですが、脅かす為に石を投げたりしてました、それだけ猫が憎かったんですよね~。

それが、ある時期、一部屋を借りてもらってた人が猫好きでどこからかたまに我が家の庭を今まで見かけない猫が通りがかる事があり餌をあげる様になりました。その猫が居着いてしまって、ある日家のリビングへ侵入して仰向けになって熟睡してたんです(笑)

私は猫が嫌いだけど写真撮るのが好きなので、珍しい光景を撮るだけ撮って、子供に猫を外に出してもらいました、それでもドアが開いてると何度も入ってきてリビングで寝てるんですよ、最初は汚いとか、怖いとか思ってたので見つけるごとに外に出してもらってました。

旦那は小さい頃から猫を飼ってる家庭で育ってて猫好き、子供達も猫が好きなので可愛がってましたが私1人が無愛想だったと思いますが都合良く写真だけはたまに写したりしてましたね(笑)

そんな中、餌をあげて猫と半同棲ぐらししてた住人さんが、急に引っ越す事になり猫を置いてってしまったのがきっかけで、放っておくのも可愛そうなので我が家で面倒を見る事になりました。

猫の名前はいつしか子供が付けた「ミュー」って名。
ミューは賢い猫で、老人だったのか、遊びを仕掛けても乗って来ないし、性格も大人しく振り返るととてもいい猫ちゃんでした。夜は部屋の中で寝て外に行きたくなると頭をチョンチョンと叩いて起こしに来るんですが、いつもチョンチョンされるのは私で、開けてあげる時、面倒くさい時は頭から布団をかぶって知らん顔してた私です。

でも長時間一緒に居ると可愛く思えて来る様になりすっかり家族の一員になってました。庭で用事をしてると近くに来たり、匂いを付けてきたり、日向ぼっこしたり居眠りしたりじっくり見てるといつしか愛情もわいてきてました。

数ヶ 月が過ぎての出来事です、ある朝ミューが家の中に居ないので旦那が「ミューは?」といつもは探したりもしないのに外へでて下の部屋を借りてもらってる人か ら聞いた言葉は「ミューの死」でした。突然の出来事、家の前で、事故に遭ったらしくミューが横たわってる姿が見えました、死を受け止めたくない私達です が、見に行く事も怖くて出来ませんでした。下の住人さんが生地をかけてくれてその後旦那が箱に入れて庭に移動、そして庭の片隅に旦那が泣きながら穴を掘っ て埋葬しました。最後まで近寄って見る事が出来なかった私です。

それからはまだミューの死が信じられなくてまだ生きてる様な気がして猫を 見かけるとミューかな?って思ったり、庭で居ても姿を現す様な気がして探してみたりしてました、現実を受け止める事が難しく、だけど淋しさ悲しさもあり日 にちだけが過ぎていきました、2009年3月の事でした。

その後は、庭で用事してても猫が視界に入ってた頃を懐かしく思う様になり、また猫と暮らしてみたいなって気持が強くなってきて旦那にそのような事を話してましたが、飼うと別れが辛くなるから動物が飼わないって言ってましたね.......

6月になって子供達が夏休みに 入ったある日に、仕事から帰って来た旦那に「猫ちゃん飼いたいけど、子供達も夏休みで猫ちゃんが居たら楽しいと思うけど.....」って言ってみたところ 「面倒見たり責任はあんたになるよ」って返事が返って来たので、これは脈があると判断!「飼ってもいいって事?今すぐ?ヒューマン.ソサエティーに開いてるか電話してみてよ!」って電話してもらったんですね。

閉まるまでには後一時間くらいあると分かって飼うと決まった当日に訪問してきました、そして沢山の猫ちゃん達が居る中から全部の子達を連れて帰ってきたかったけどそれは無理な事、私が一番先に目が入った子と、旦那が「ちょっと大きめだから里親が見つかるのが難しそう」って子二匹を迎える事になりました。

手続きを済ませて、翌日の午前中に避妊、去勢手術とチップを埋め込むので夕方に迎えに行く事になりました。

費用は子猫避妊、去勢手術費用とチップ埋め込みで60ドルだったか65ドルだったかな?本当はx2なんだけど二匹引き取る場合だと一匹が無料でした。

その後また猫ちゃんが増えるわけですが、写真とともに次回にご紹介したいと思います。

長くなってしまいましたが、そんなこんなで猫が嫌いだった私が、猫が大好きになってしまって、不思議です、これは先代の居候ミューが私の猫嫌いを克服してくれたんです、でもね、ミューが生きてるうちにもっと可愛がってあげたら良かったな.....って後悔が残っています。

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/10(土) 09:44:08|
  2. 初めに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

FC2アフィリエイト

ブログ

カテゴリ

未分類 (0)
初めに (1)
ミュー♂ (2)
クロ♂ (3)
サクラ♀ (19)
クー♂ (13)
カリン♀ (15)
ちぃ♂ (17)
複数で (18)
のら猫 (2)
ご近所の猫 (12)
加工写真 (1)
お知らせ (5)
情報 (1)
隣の猫 (11)
外出先で (8)

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。